アイシャドウの正しい選び方

アイシャドウの人気商品

 DHCアイシャドウムーン つけたてのフレッシュカラーがずっと続く 光の粒子で視線を集めるアイシャドウ(全30色) キラキラのつやめく目もとを自在に作るアイシャドウです。立体感を出すハイライト、華やかなラメパール、オンにもオフにも使...
 DHCアイシャドウブラシ L 高級ナイロン毛を使用。ひとはけでムラなくぼかせるアイシャドウブラシ 使いやすさとお手入れのしやすさにこだわったアイシャドウブラシです。なめらかな肌あたりが特長。まぶたの広い範囲に、アイシャドウを淡くぼ...
 DHCアイライナーパーフェクトプロ(パウダー) 目もとのグラデーションが簡単キレイに! プロ並みのアイライナーテクニックを可能にするアイシャドウパウダーカートリッジ(全3色) 印象的なまなざしを実現する新発想のアイシャドウパウダーです。「簡単」「便利...
エフェ ルミエール 濃淡3色のグラデ使いで、誰でも簡単に立体感のあるアイメイクがつくれる便利なアイシャドウ。肌にやさしいプレストタイプのシャドウカラーからハイライトカラーまでのグラデーション。...

化粧品の選び方・アイシャドウ

アイシャドウは本当に様々な色味があります。
目元は表情を探るために必要な部位としても認知されています。アイシャドウが肌になじめば、華やいだ印象や落ち着いた印象などを与えることができるので、自分に似合う色味を選ぶことが大切になります。

よくパーソナルカラー診断でご自身に似合う色を選び出すことができますが、いざご自身に似合う色とされるアイシャドウを肌に乗せると目が腫れて見えてしまったということもよくある話です。
目の大きさや二重・一重の違い眉毛の状態などでも似合う色味が決まってきますので、テスターなどを利用して似合う色を探してみましょう。パウダータイプとクリームタイプのアイシャドウがありますが、クリームタイプのアイシャドウは伸びもよく、色づきも良いので化粧崩れが気になる方はお勧めです。

また単色づかいではなく、同系色で濃い色と淡い色、ベージュまたは白系の色の3色程度を用意されるとコーディネイトは十分です。膨張色と呼ばれるピンク・オレンジ系を選ぶと「泣きはらした顔」に見えてしまうこともありますので、メインの色として使うのではなく、ハイライトなどの指し色として選ぶといいでしょう。
通販化粧品で人気の高い「オルビス化粧品」では、化粧品を購入する際にサンプルを請求することができます。オルビス化粧品のアイシャドウのサンプルは全色セットになっていますので、ご自身にとって一番似合う色をご自宅でゆっくり選ぶことができます。また冒険してみたいときなどにもサンプルの存在が効果を発揮します。