リップグロスの正しい選び方

リップグロスの人気商品

 DHCモイスチュアケア リップグロス<ニュアンスパールシリーズ> 偏光パールとホログラムラメを配合。唇に神秘的な輝きを与えるリップグロス(全3色) 使いやすくかわいらしい、チューブタイプのリップグロス。やわらかに表情を変える偏光パールと、ドラマティックに表情を変えるホ...
 DHCリップカラーパーフェクトプロ(パレット) リップカラー、リップグロス、ブラシがセットになった機能派パレット(全5タイプ) 「DHCリップカラーパーフェクトプロ」シリーズの、リップカラー3色とグロスカラー1色、さらにリップブラシがセットになった機能派...
 DHC モイスチュアケア リップグロス EX 「うるツヤぷるん」美容液成分95%配合。濃密なうるおいとツヤで、ぷるんと弾む唇へ。 6種類の美容保湿成分がぜいたくに配合されたリップグロス。なんと製品の95%が美容液成分です。蜜のように透明度が高くボリュー...
バーツビーズ リップバーム&スティックセット バーツビーズが誇る、世界的大ベストセラーのリップバーム。ハチが作ってくれる元祖保湿成分の蜜ろうをベースに、ココナッツオイル、ビタミンE、ペパーミントオイルの潤い成分がどんなに荒れた唇でもつやつや・ぷるぷるにしてくれる頼も...

化粧品の選び方・リップグロス

リップグロスは、化粧直しの力強いパートナーになります。普段は口紅オンリーの方でも、コンパの際などにちょっとグロスを唇に乗せるだけで魅力的な口元を演出することができます。
口紅とグロスの二種類を組み合わせるだけで色味までも変えることができますので、持ち歩きしやすいものを選ぶようにします。

またナチュラル感を見せたい方や、お悔やみの席など赤みが強い口紅がNGの場合には唇の色はそのままでツヤのみをプラスしたグロスを使うだけでも「きちんと感」を演出することができます。
薄付き色のリップグロスは1本持っているだけでも多種多様に使うことができますので、気に入った一本を選んでおくとよいでしょう。

リップグロスはつけすぎるといやらしい印象を与えてしまうことがあります。つけた後に軽くティッシュオフをして、唇になじませるとフレッシュな印象を与えることができます。またつけすぎによるリップグロスのヨレなども防ぐことができます。
メイクを覚えたての学生さんは、化粧品をもちたいけれど、口紅までは大人っぽい感じがして手が出せないという方が多いようです。化粧品などを販売しているプラザ(PLAZA)やドラッグストアでは、プチプライスで普段使いに好適なリップグロスが多数販売されています。

塗り直しが何度でもできるリップクリーム感覚のリップグロスを選んでみるといいでしょう。また、つける方の満足を引き出すためにストロベリーやグレープなどのフレーバーがついているリップグロスもありますよ。