ローションの正しい選び方

ローションの人気商品

 ドクターシーラボ レッドフェイストナー ドクターシーラボがお勧めするレッドフェイストナーは、肌の赤みや目の下のクマになど素肌の色に着目した新発想ローションです。アボカド油、ローズヒップ油などのビタミンK様作用成分をナノ化して配合し、赤みの原因にアプローチ。血液...
 DHC【薬用】ウィークスキンローション(乾燥肌用) 繊細な肌をやさしくケアしてうるおいを与える化粧水 植物由来のうるおい保護成分ポリグルタミン酸を配合した、デリケートな肌のためのローションです。肌に高いしっとり感を与えながら健康な肌に導き、しなやかな素...
シスレー フローラルトニックローション 250ml やわらかでみずみずしく、より心地よいお肌のために。 肌をみずみずしく保ち、お肌を鎮める化粧水です。特に敏感肌や乾燥しがちな肌に適しています。(ローズ水、ヤグルマギク水、ハマメリス水配合)毎日ご使用いただくことで、お肌を引...
クラランス イドラバランス UV 30ml 乾燥と日焼け止め対策が一本に★メイク下地に最適な軽いテクスチャーの昼用保湿乳液。SPF30/PA++で、日差しから肌を守りながら、肌にうるおいを与えます。- クラランス独自の植物保湿成分複合体 アンティポリューション コ...

化粧品の選び方・ローション

スキンケア化粧品の中でもローションは肌質・用途別によって多岐にわたるラインナップがあります。
肌質によっては不必要なローションなどもありますので、評価や口コミに惑わされることないようにローションの選び方を行うようにします。

ローションは別名化粧水ともいいます。
日常のスキンケアでローションを用いる場合は、年齢問わず保湿系のローションを選ぶことをお勧めします。アンチエイジングの観点ではアスタキサンチンやビタミンC誘導体などが含有されているローションを選びます。また、水分子より小さいナノ分子処方がなされているローションを使うと、角質層の深いところまで浸透しますので、できるだけナノ分子処方をローションを選びましょう。

引き締め用ローションなどは揮発成分のアルコール分が高いものもあります。アルコール過敏症の方は勿論のこと、保湿に気を使っている方やニキビ肌の方は吹き出物が出る原因になるので、収れん系ローションはNGです。週に1〜2度肌に残った角質を取り去るのにふきとり用ローションを使うことをお勧めします。化粧品も落とせると謳っていますが、クレンジング化粧品でメイクを落とした後にふきとり用ローションで肌を軽くふきとるのが理想です。
日焼け後のほてった肌にカーマインローションなどをつけましょう。ただし顔につけるよりはボディー用として用いた方が無難です。ローションを購入してみたものの、肌に合わなかったり飽きてしまった場合には、ボディー用や寝ぐせ直し用にスイッチしてみましょう。