ローションの正しい選び方

ローションの人気商品

 さっぱりセット 皮脂の分泌の多い、若い肌に DHCピュアソープトリプルミニ 40gDHC薬用バランシングローショントリプルミニ(医薬部外品) 40mLDHC薬用ウォーターベースモイスチュア(医薬部外品) 60mL皮脂の分泌が多く、ニキビ...
 DHC PAナノコロイドローション(L) ダブルナノパワー化粧水をたっぷりと肌へ! お得なLサイズで輝く美肌を実現 1.10種類以上の美容成分配合! 浸透力抜群の化粧水高い浸透力でスーッと肌にしみ込む、軽やかなテクスチャー。みずみずしいうるおいと、...
 DHC薬用マイルドローション(L) 植物エキスのやさしさで一日中うるおう みずみずしい素肌を保つために大切なことは、うるおいパワーのすぐれたローションでたっぷりと水分補給することです。DHC薬用マイルドローションは湿潤効果の高い植物エキ...
卵殻膜エキス 保湿やエイジングケアには不可欠なコラーゲンこのコラーゲンをサポートするのが、卵殻膜エキスです。コラーゲンをサポートすることで、過酷な環境下からお肌を守ります。卵殻膜とは、卵の殻の内側にある薄皮のこと。肌との相性が良いアミ...
ニキビケアセット ニキビで悩む方用の改善セット□ Cleasing Cream □ Moisturizing Lotion □ white C serum (1)...

化粧品の選び方・ローション

スキンケア化粧品の中でもローションは肌質・用途別によって多岐にわたるラインナップがあります。
肌質によっては不必要なローションなどもありますので、評価や口コミに惑わされることないようにローションの選び方を行うようにします。

ローションは別名化粧水ともいいます。
日常のスキンケアでローションを用いる場合は、年齢問わず保湿系のローションを選ぶことをお勧めします。アンチエイジングの観点ではアスタキサンチンやビタミンC誘導体などが含有されているローションを選びます。また、水分子より小さいナノ分子処方がなされているローションを使うと、角質層の深いところまで浸透しますので、できるだけナノ分子処方をローションを選びましょう。

引き締め用ローションなどは揮発成分のアルコール分が高いものもあります。アルコール過敏症の方は勿論のこと、保湿に気を使っている方やニキビ肌の方は吹き出物が出る原因になるので、収れん系ローションはNGです。週に1〜2度肌に残った角質を取り去るのにふきとり用ローションを使うことをお勧めします。化粧品も落とせると謳っていますが、クレンジング化粧品でメイクを落とした後にふきとり用ローションで肌を軽くふきとるのが理想です。
日焼け後のほてった肌にカーマインローションなどをつけましょう。ただし顔につけるよりはボディー用として用いた方が無難です。ローションを購入してみたものの、肌に合わなかったり飽きてしまった場合には、ボディー用や寝ぐせ直し用にスイッチしてみましょう。