ローションの正しい選び方

ローションの人気商品

 DHC薬用マイルドローション(M) 植物エキスのやさしさで一日中うるおう みずみずしい素肌を保つために大切なことは、うるおいパワーのすぐれたローションでたっぷりと水分補給することです。DHC薬用マイルドローションは湿潤効果 の高い植物エキス...
 DHCバッファウォーター 新・美肌成分HER配合。いきいきとした透明素肌に導く高機能化粧水 新・美肌成分HER(ハイパー エッセンス リプレニッシュメント)(※)配合の化粧水です。「リプレニッシュメント」とは「補う」という意味。皮膚に...
 DHCライト&リフレッシング フェースローション【DHC for MEN ハイライフ】 引きしめて、うるおす!さっぱりタイプのローション (さっぱりタイプ) 男性の肌は女性よりも皮脂分泌が多く、ベタつきやテカリに悩まされがち。しかし、加齢とともに皮脂分泌は減少を続け、50歳ではピーク時の半...
Face Slimming Cream -1 ■ ヨーロッパを始め、世界19カ国で認められた注射治療法、 メソセラピー。 身体の気になる部分の脂肪の除去が、効果的に実現出来る事や、顔や首などといった箇所のしわやたるみの解消にも適した方法であることから、日本では一般に...
【SET】ジャムウハードバブル&シャイニングラブローション ブラジャーをとってヌードになった時、気になるトップの黒ずみと、肌のハリとツヤ。「ジャムウ・ハードバブル」で、透明感溢れる美しいトップを維持しませんか?泡パックの後は「シャイニングラブローション」のマッサージで、つややかな...

化粧品の選び方・ローション

スキンケア化粧品の中でもローションは肌質・用途別によって多岐にわたるラインナップがあります。
肌質によっては不必要なローションなどもありますので、評価や口コミに惑わされることないようにローションの選び方を行うようにします。

ローションは別名化粧水ともいいます。
日常のスキンケアでローションを用いる場合は、年齢問わず保湿系のローションを選ぶことをお勧めします。アンチエイジングの観点ではアスタキサンチンやビタミンC誘導体などが含有されているローションを選びます。また、水分子より小さいナノ分子処方がなされているローションを使うと、角質層の深いところまで浸透しますので、できるだけナノ分子処方をローションを選びましょう。

引き締め用ローションなどは揮発成分のアルコール分が高いものもあります。アルコール過敏症の方は勿論のこと、保湿に気を使っている方やニキビ肌の方は吹き出物が出る原因になるので、収れん系ローションはNGです。週に1〜2度肌に残った角質を取り去るのにふきとり用ローションを使うことをお勧めします。化粧品も落とせると謳っていますが、クレンジング化粧品でメイクを落とした後にふきとり用ローションで肌を軽くふきとるのが理想です。
日焼け後のほてった肌にカーマインローションなどをつけましょう。ただし顔につけるよりはボディー用として用いた方が無難です。ローションを購入してみたものの、肌に合わなかったり飽きてしまった場合には、ボディー用や寝ぐせ直し用にスイッチしてみましょう。