パウダリーファンデーションの正しい選び方

パウダリーファンデーションの人気商品

 DHCベースメークシリーズ 専用コンパクト(薬用アクネケア) DHC薬用 アクネケア パウダリーファンデーション<リフィル>専用コンパクト 「DHC薬用 アクネケア パウダリーファンデーション<リフィル>」が自由にセットできる専用コンパクトです。鏡つきのコンパクトの中には...
 DHCメークアップスポンジE DHC Q10モイスチュアケア パウダリーファンデーション・DHC Q10モイスチュアケアクリーミィコンパクトファンデーション専用 DHC Q10モイスチュアケア パウダリーファンデーション・DHC Q10モイスチュアケ...
 DHC ベースメークシリーズ 専用コンパクト(プラチナホワイト) DHC ラスティングホワイト パウダリーファンデーション<リフィル>専用のコンパクト DHC ラスティングホワイト パウダリーファンデーション<リフィル>が自由にセットできる専用コンパクトです。鏡...

化粧品の選び方・パウダリーファンデーション

化粧品の中でも、ファンデーションはその人の印象までを変えてしまう大事なアイテムです。
パウダリーファンデーションの選び方一つで華やかさも変わりますので、できれば化粧品販売員の方とパウダリーファンデーションの選び方を相談していくことをお勧めします。昨今では、肌質に関係なくパウダリーファンデーションを選ばれる場合が多いようです。

季節ごとに対応できるファンデーションを揃えていくといいでしょう。
汗でパウダリーファンデーションが崩れやすい方は、スキンケアをしっかり行ったり、化粧下地を使うことでかなり緩和されますので心配はいりません。紫外線を防ぐ効能がある商品を選ぶようにするといいでしょう。

パウダリーファンデーションの選び方で一番大切なのは、色味でしょう。顔の色味に合わせるか首筋の色味に合わせるかでもパウダリーファンデーションの色味が変わります。首筋の色味に合わせてファンデーションを色を選ぶと自然な仕上がりになります。首筋の色味に合わせたら、肌色がくすんで見えるようになったという場合は、プレストパウダー(粉おしろい)などで頬の高い位置にハイライトを入れたりすることでも血色良い肌を演出することができます。
この他にも、顔のシミやそばかすを隠そうと濃い色のパウダリーファンデーションを選びがちになる方も多いのですが、これはNGです。コンシーラーを効果的に使うことで明るい部分の肌色に合わせたパウダリーファンデーションを選ぶことができます。