洗顔料の正しい選び方

洗顔料の人気商品

 ドクターシーラボ ウォッシングフォーム スーパーセンシティブ ドクターシーラボがお勧めするスーパーウォッシングフォームは、肌に負担をかけず、ミクロの泡立ちでやさしく洗い上げる敏感肌用洗顔フォームです。刺激が少なく洗顔後はしっとりし、乾燥が気になりません。...
 DHC薬用フェーシャルスクラブ ツルツル肌に磨く天然アプリコットのスクラブ ふだんの洗顔だけでは落としきれない肌表面の古い角質、毛穴の汚れ。そのまま放置すれば肌を硬くしたり、ターンオーバーを遅らせてくすみや肌荒れの原因になります。DHC...
 DHC薬用アクネコントロール フェースウォッシュ 余分な皮脂・角質を落とす、ジェルタイプのニキビ肌専用洗顔料 1.毛穴づまりの原因「余分な皮脂・角質」をすっきりオフ殺菌・角質軟化作用をもつ有効成分「サリチル酸」を配合した、ジェルタイプの薬用洗顔料。アク...

化粧品の選び方・洗顔料

スキンケア化粧品の中でも洗顔料の選び方一つで肌質が大きく改善されます。
洗顔料は必要以上に皮脂を取り去ってしまう商品もあるために乾燥肌を招いてしまうことがあります。そのために使用後に顔のツッパリ感が出る洗顔料は避けるようにしましょう。

はじめから泡が出るフォームタイプは洗い上がりに物足りなさを感じる場合もありますので、できれば化粧石鹸やクリームタイプの洗顔料を用いるようにします。100円ショップなどで市販されている、泡立てネットを使ってレモン2個分程度の泡をつくると肌に負担をかけずにさっぱりと洗い上げることができます。
洗顔料の中でもメイククレンジングの選び方ですが、年齢によって使い分けることをお勧めします。10代〜20代の肌にはオイルクレンジングが妥当です。オイルクレンジングは毛穴に詰まった角栓までも乳化させて洗い上げる効能もありますが、30代以降の方のオイルクレンジングは、肌に必要な水分までも乳化させてしまう懸念があります。そのためにクリームタイプのクレンジングを使うといいでしょう。

ジェルタイプのクレンジングは、洗い上がりがべたついてダブル洗顔が必要になる場合もあります。肌に負担がかかりますのでワンステップできれいに洗いあげるように心がけましょう。
オルビス化粧品から出ているクレンジングリキッドは油分不使用のリキッドクレンジングです。他の商品ではないハーブの香りも癒されるので30代以降のお疲れ肌の方にも最適な洗顔料として多くの方の支持を得ています。