チークの正しい選び方

チークの人気商品

 DHCフェースカラーパレット専用ブラシ DHCフェースカラーパレットの仕上がりを高める専用ブラシ DHCフェースカラーパレットに適した専用ブラシ。肌あたりのいい天然毛(馬毛)を使用。幅広いタイプで使いやすく、ふんわりと仕上がります。 ◆保管上のご注...
ノブ チークカラー C2 ふんわりやわらかな肌ざわりのパウダーで、肌にやさしいチークカラー。無香料・低刺激性。 ...

化粧品の選び方・チーク

チークとは頬紅のことを差します。メイクアップ化粧品の中で、チークを使うと頬に赤みがさし健康的なイメージをつくり出すことができます。
チークの選び方一つで、顔の表情ががらりと変わります。ご自身の肌の色味をかんがみて、似合う色味のチークを選んでみるといいでしょう。日本人の肌質に似合う色はナチュラルに見せたい場合はオレンジ系を選びましょう。オレンジ色が強過ぎても不自然にとられがちですので、ピーチ色などに近い感じのコーラル系を選んでみるのもいいでしょう。

健康的に見せたい場合は、ピーチ系を薄く肌に乗せます。また女性らしく、華があるメイクの場合はローズ系を選ぶといいでしょう。パールが入ったチークを選ぶと、肌が明るく見える効果があります。ニュアンスカラーを数色混ぜ合わせてハイライト感覚で使うチークもあります。
自分の肌に似合いそうなリークを選んだけれど、実際に使うと似合わないという方が多く見受けられます。この場合はチークの選び方よりも使い方に問題があるようです。

ブラシにチークをつけすぎると左右で偏った量を頬に乗せることになりますので、手の甲などで軽くしごいて余分なチークを落とすように心がけます。この他にも、頬骨に沿ってこめかみから鼻の方にめがけて斜めにチークを入れるとシャープな印象に、丸くぼかすとナチュラルな印象になります。
考えようによっては、シャープ=小顔だったり、ナチュラル=膨張という印象を与えてしまいがちなので、チークの乗せ方も工夫しましょう。