チークの正しい選び方

チークの人気商品

 DHCフェースカラーパーフェクトプロ (ハイライト)<リフィル> 光で生み出す「うるわしの透輝美肌」。パール粒子配合のハイライト用パウダー(全3色) 4色の複合パールにより、顔に立体感を与えて美しさを高めるフェースカラー。ハイライトカラーは、顔に明るさとツヤをプラスし...
 DHCチークブラシ 高級ナイロン毛を使用。ふんわり自然に仕上がるチークブラシ 使いやすさとお手入れのしやすさにこだわったチークブラシです。なめらかな肌あたりで、チークがふんわり、ナチュラルに仕上がります。ふわっと広がり、...
 DHCチークブラシ ニュアンスある頬をつくるチークブラシ 適度な毛量の丸平ブラシ。コシのある平筆は、シャープなチーク用。チーク以外に、ハイライトやノーズシャドウなどのシェーディングに活躍し、立体感のある表情をつくります。...
シュウウエムラ グローオン M ピンク  5g 肌になじむ、洗練された美しい発色。ナチュラルになじむタイプ。...
ベネフィット ジョージア 11g おいしそうなピーチ色のパウダーは、太陽の日差しの中で一層輝きを増し、貴方のお顔を パッと明るく、優しく女性らしい表情に仕上げます。パウダーは滑らかに伸びてソフトなタッチだから、粉っぽくなったり、濃く付きすぎたりする心配は...

化粧品の選び方・チーク

チークとは頬紅のことを差します。メイクアップ化粧品の中で、チークを使うと頬に赤みがさし健康的なイメージをつくり出すことができます。
チークの選び方一つで、顔の表情ががらりと変わります。ご自身の肌の色味をかんがみて、似合う色味のチークを選んでみるといいでしょう。日本人の肌質に似合う色はナチュラルに見せたい場合はオレンジ系を選びましょう。オレンジ色が強過ぎても不自然にとられがちですので、ピーチ色などに近い感じのコーラル系を選んでみるのもいいでしょう。

健康的に見せたい場合は、ピーチ系を薄く肌に乗せます。また女性らしく、華があるメイクの場合はローズ系を選ぶといいでしょう。パールが入ったチークを選ぶと、肌が明るく見える効果があります。ニュアンスカラーを数色混ぜ合わせてハイライト感覚で使うチークもあります。
自分の肌に似合いそうなリークを選んだけれど、実際に使うと似合わないという方が多く見受けられます。この場合はチークの選び方よりも使い方に問題があるようです。

ブラシにチークをつけすぎると左右で偏った量を頬に乗せることになりますので、手の甲などで軽くしごいて余分なチークを落とすように心がけます。この他にも、頬骨に沿ってこめかみから鼻の方にめがけて斜めにチークを入れるとシャープな印象に、丸くぼかすとナチュラルな印象になります。
考えようによっては、シャープ=小顔だったり、ナチュラル=膨張という印象を与えてしまいがちなので、チークの乗せ方も工夫しましょう。