化粧水の正しい選び方

化粧水の人気商品

 DHC薬用セラミドクイック 100%植物性セラミド配合。うるおいチャージ化粧水 1.肌をうるおいで満たす、薬用化粧水細胞間脂質の主成分セラミドをダイレクトに補い、肌の保湿力を高める薬用化粧水。天然保湿因子(NMF)のはたらきを助けるアミ...
 DHCアフターシェーブローション 男の身だしなみに手を抜けないシェービング 毎日のシェービングによって肌の表面が削り取られ、ひげそり負けや肌荒れなど多くの傷を受けた状態になっています。DHCアフターシェーブローションは、シソエキス、カミツ...
 ドクターシーラボ モイスチャーローション ドクターシーラボがお勧めするジェノマーモイスチャーローションは、紫外線や乾燥などで硬くなりがちな肌を、天然のフルーツ酸でピーリングし、美白成分と保湿成分の浸透力を高める化粧水です。ターンオーバーを促進させ、美白&保湿成分...

化粧品の選び方・化粧水

スキンケア化粧品の中でも、化粧水の選び方は特に慎重になりましょう。
最近の化粧水事情はさっぱり感を求めるよりも、脂性肌の方でも保湿系の化粧水を選ぶように指南しているところが多いように見受けられます。アルコール分が入った化粧水はアルコール分が揮発する時にさっぱり感を得られるのですが、その際に肌にしっかり閉じ込められている水分までも一緒に蒸発してしまうのです。

乾燥肌になりがちになってしまうので、収れん化粧水なども控えるようにしましょう。洗顔後、ふき取り化粧水を使って肌に残った角質をふきとってから、化粧水を使うようにすると、肌の奥まで化粧水は浸透していきます。中にはアルコール分が高いふきとり化粧水もありますので、口コミ等を参考にして肌に優しいふきとり化粧水を選びましょう。
また化粧水は、ナノ分子処方を施された製品を使うと、角質層の奥まで化粧水成分が浸透していきます。美白やアンチエイジングを求めたいのであれば、ビタミンC誘導体やコラーゲン・コエンザイムQ10などの成分が配合されているもの、保湿をしっかり求めたいのであれば、グリセリン濃度が高いとろみがあるテクスチャーの化粧水を選ぶとよいでしょう。

多彩な化粧水が販売されていますが、一番大切なのは、どんなに高性能な成分が配合されていても肌に合わなければ元も子もありません。トライアルセットを取り寄せたり、テスターなどを使ってテクスチャーを確かめてから購入されることをお勧めします。