美白化粧品の選び方

美白化粧品の人気商品

 ドクターシーラボ モイスチャーローション ドクターシーラボがお勧めするジェノマーモイスチャーローションは、紫外線や乾燥などで硬くなりがちな肌を、天然のフルーツ酸でピーリングし、美白成分と保湿成分の浸透力を高める化粧水です。ターンオーバーを促進させ、美白&保湿成分...
 DHCラスティングホワイト リキッドファンデーション 毛穴・シミ・くすみを瞬時にカバー。みずみずしく引き締まった明るい肌に。「プラチナ美白肌」へ導くリキッドファンデーション(全6色)【SPF30 PA++】 一年中乾燥が気になる、カサつくけれど化粧くずれも気になる...
ランコム イドラゼン ニューロカルム ジェル エッセンス 30ml 肌ストレスを解きほぐし、うるおいを補給する長時間・集中型保湿美容液★天然植物由来の成分“ニューロカルム コンプレックス”が肌ストレス*1により水分を取り込みにくくなった凝り固まった肌*4を解きほぐし*2、角質層がうるおい...

化粧品の選び方・美白

美白化粧品とは、日焼けやシミの原因となるメラニンの生成を抑えシミをできにくくする効能がある化粧品です。また日焼けを防いだり紫外線から肌を守る効果も期待されます。
美白化粧品の選び方は「UV SPF25」などと紫外線から肌を守ることができる記載があるものに着目しましょう。

化粧水の選び方は、メラニンを抑える成分が配合されているものを選ぶようにします。ビタミンC誘導体は一番有名なのですが、チロシナーゼ活性阻害効果がある「ルシノール」と呼ばれる美白成分が配合されているものを使用する事が重要です。
アルブチンなどの美白成分より大きな効果を得られるということで人気を呼んでいます。

ルシノール配合の美白化粧品の他、抗酸化成分が配合された化粧品を使うことも有効です。葡萄ポリフェノール、プラチナナノコロイド、セリシン(蚕の繭から抽出された成分)なども美白・シミなどに効く化粧品の選び方として妥当です。美白化粧品はできるだけラインでそろえることが有効性が高いとされています。化粧水・乳液・美容液などの基礎化粧品はできるだけ同じブランドで統一することをお勧めします。
また、メイクアップ化粧品の選び方ですが、化粧下地やファンデーションももちろんUV効果があるものを使うようにしましょう。

美白に気を遣いたい方であれば、洗顔にも気配りが大切です。パパイヤ酵素などを含む無添加のパウダータイプの洗顔料はくすみの原因となる古い角質層を取り除く効果もありますので、一層美白につながります。角質を取り去った後で使う美白化粧水は肌にぐんぐん浸透して行きます。