敏感肌の化粧品の選び方

敏感肌化粧品の人気商品

 ドクターシーラボ UV&WHITE センシティブミルク(SPF20PA+) UV&WHITEセンシティブミルク(SPF20PA+)は、肌への負担を限りなく抑え、デリケートな肌を紫外線から守る敏感肌用の日焼け止め乳液。白浮きやベタつきを解消し、サラリとした感触で美容液級の心地良さです。...
 DHC薬用フェースウォッシュ 超敏感肌にもやさしい弱酸性洗顔料 朝目覚めたときの肌がすでにカサついている人は皮脂分泌が少ない肌タイプと考えられます。肌のうるおいがもともと不足しがちな敏感肌や乾燥肌の洗顔はとくに皮脂を奪わないことを...
 ドクターシーラボ 薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブ お試し20g限定 ドクターシーラボがお勧めするアクアコラーゲンゲルスーパーセンシティブは、デリケートで荒れがちな肌を守る、敏感肌用保湿ゲルです。4種類のセラミドや、シソ・クマザサ・カッコンをはじめとする6種類の和漢植物混合エキスを配合し、...
乾燥肌対策セット 乾燥肌、敏感肌でお悩みの方用の改善セット□ Cleasing Cream □ Moisturizing Lotion □ whiteMC gel (S) □ Anti-Aging cream...

化粧品の選び方・敏感肌

敏感肌の方の化粧品の選び方はとにかく低刺激性の商品を選ぶことです。
アルコールフリー処方、保存料で肌に刺激が強いパラペンなどの保存料も無添加である商品を選ぶことが大切です。皮膚科医や製薬会社が開発・販売している敏感肌用化粧品を選ぶことをお勧めしますが、購入できる店が少なく、メディカルクリニック専用販売品という商品もあるために多少高価な製品もあります。一般的なドラッグストアなどで販売している化粧品を購入したいという方はとにかく無添加の化粧品を選びましょう。

さっぱりタイプのものよりも、しっとりタイプの化粧水を選びます。またオーガニックにこだわった化粧品を使うことでも肌に優しく働きかけるでしょう。
敏感肌の方は、どれだけ肌に優しい処方の化粧品を選んでも合わないという方も稀に見受けられます。そういう場合は使用法を変えるようにしましょう。クリーム等であれば伸びが良いテクスチャーの物を選ぶようにして使用量を半分に減らして顔全体に薄く伸ばすように心がけたり、化粧水の場合は、水で湿らせたコットンに化粧水を含ませて顔に優しくパッティングしていきましょう。

はじめて新しい化粧品を使う場合には、パッチテストを必ず行うようにして、一回分の推奨使用量の半分程度から始めてみるとよいでしょう。このように化粧品の使い方を変えることで、敏感肌で悩んでいる方でも気持ち良くスキンケアをすることができるようになります。敏感肌でも使える通販化粧品のファンケルの化粧品が大きな支持を得ています。