シミケアの化粧品の選び方

しみケア化粧品の人気商品

 DHC薬用カムCホワイトニング クリーム しっとりうるおい閉じ込める美白クリーム 1.大人の肌に透明感とうるおいを与える薬用クリーム「DHC薬用カムCホワイトニングクリーム」は、紫外線によるシミやそばかすを防ぎ、透明感あふれるいきいきとした明るい素...
 DHCサンスクリーン フェースミルク (SPF35 PA++)【DHC for MENハイライフ】 毎日の紫外線をブロック!ベタつき・白浮きゼロの日焼け止め(SPF35 PA++) シミやシワ、たるみなど肌の老化の大きな原因となる紫外線。紫外線A波は肌の真皮層まで届いてシワやたるみの原因となり、紫外線B波は肌表...
 DHCピンブライト ホワイトパック(ジェル状美容シート) おやすみ前に、貼るだけ簡単お手入れ。気になる部分にダイレクトケアできる、高濃度アルファ‐リポ酸誘導体配合パック シミやソバカス、くすみが気になる部分にピタッと貼るだけ。寝ている間にじっくりお手入れでき...
Face Slimming Cream -2 □ Face Slimming KOGAO Cream 2個セット...
Anti-Aging Cream シワやたるみのないイキイキとしたお肌づくりのために、アルジルリンとマトリキシル3000の最新バージョン、さらに3種のペプチドを処方しました。これらの相乗効果は、出来てしまったシワの改善と新たなシワの予防、活発なコラーゲン...

化粧品の選び方・シミケア

鏡を見ただけで幻滅してしまうシミ。濃くなってしまわないうちにケアしたいものです。
シミケアの化粧品はいろいろな角度から見ると多数あります。シミケア中の化粧時には、コンシーラーなどカバーできる化粧品を選びます。コンシーラーも色の選び方で肌を明るく見せることができますのでシミケアの他にもメリットがあります。

また、美白化粧品を用いるようにします。美白化粧品の選び方としては、ビタミンC誘導体などといったシミに直接効く成分が配合された商品を選ぶことが大切です。また、蚕の繭に含まれている「セリシン」という成分は、抗酸化成分が含まれており、シミケア化粧品としても注目を浴び始めています。
アスタキサンチンなども同様の成分で、肌のサビを防いでくれます。

シミ専用の美容液を気になる部分に優しく叩き込むように浸透させると化粧水の働きとダブルの効果を得られることでしょう。また紫外線がシミの大きな原因ですので在宅時にも必ずUVカット効果がある化粧品を使うようにします。
洗顔料の選び方にもコツがあります。米ぬかに含まれている成分、フェルラ酸にはシミの原因ともなるチロシナーゼを阻害する働きがあります。米ぬか成分が含まれた洗顔料で洗顔をすると、肌のうるおいを守るとともに、チロシナーゼを阻害してくれるのでシミになりにくい肌をつくれます。

化粧品に頼るだけではなく、肌のターンオーバーを正常に戻すことでシミケアにもつながりますので、不規則な生活がある方はできるだけ改めましょう。シミに効果がある医薬品やサプリメントを併用したり、マクロビオティックに代表される玄米食に変えて、体の内側からもシミケアをすることを心がけてみてはいかがでしょうか?